顔のたるみを美容皮膚科のレーザー治療で改善する


エイジングケアの一つとして挙げられるのが顔のたるみの改善です。顔のたるみは、表情筋の低下や細胞の働きが低下したり乾燥したりなどとさまざまな原因からなります。表情筋とは顔面部と頭部や頸部の一部にある皮筋の総称で、表情筋が低下することで顔のたるみを引き起こします。表情筋だけでなく、筋肉全般は使わなければ徐々に衰えていきます。例えばわかりやすく説明をすれば若い頃は部活動に励み、腹筋がシックスパックに割れていたが、20代前半から運動をしなくなり、20代中盤にはシックスパックがなくなったという経験をされる方もいます。このように筋肉を使わなければ徐々に低下しますから、表情筋を鍛えることでエイジングケアができる可能性もあります。

それだけが原因ではなく、加齢によりコラーゲンなどの顔のハリを保つ成分の質が低下することによって顔のたるみを引き起こす方もいます。

このような原因で顔のたるみが引き起こされますが、美容皮膚科ではレーザー治療をすることで改善を図ってくれます。頬のハリなどを期待することができ、顔のたるみから起こる老け顔の改善に関しても期待することができるでしょう。レーザー治療ではメスを使用しませんからメイクなども治療後において、短期間で使用可能です。