エイジングケアとは


エイジングケアとは加齢が原因で引き起こされたお肌の状態をケアすることになります。当然年を重なればその分身体のあらゆるところに変化が生じます。極端な説明をすれば高齢者になると足腰が弱くなります。それと同様に加齢によってお肌トラブルを抱える方も年齢を重ねる度に多くなります。ではエイジングケアはいつごろから始めればいいのでしょうか。当然エイジングケアを始める年齢が早ければその分状態をキープすることができ、年を重ねた後においてもトラブルを抱える可能性は低くなります。基本的にエイジングケアを始める方が一番多い年代は30歳から34歳になります。20歳ぐらいであればとても若い世代になるためニキビや吹き出物などでお肌トラブルを抱えるケースはありますが、加齢を意識する方は少なくなっています。しかし、30歳になれば20代を終えることになるため、そろそろ対策をしなければならないと考える方が多くいます。これに次いでエイジングケアを開始する割合が多かったのが25歳から29歳になります。34歳以降からエイジングケアを始める方は徐々に少なく、多くの方は25歳から34歳でエイジングケアを始めています。

ではエイジングによって引き起こされるお肌のトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか。今回はそれぞれのエイジングによって引き起こされるお肌トラブルとそれぞれのトラブルに対して美容皮膚科のレーザー治療を受けることで得られる効果について紹介します。